Home

「ことばの科学会(Japan Society for Speech Sciences)」は、すでに活動を続けておりました「六甲英語学研究会」の一部門として実績を上げた後、 19956月に「ことばの科学研究会」として独立・発足し、200811月に学会組織へ移行しました。 本学会は、ことばの理解・生成・獲得のメカニズムおよびコミュニケーション全般を学際的に扱う領域としての「ことばの科学(Speech Sciences)」の研

究を推進すること、併せてその教育面への応用研究を行うことを目的としています。



研究会のお知らせ

  • 2018年3月度研究例会のご案内と研究発表募集
    2018年3月18日(日)13:30〜17:00
    関西学院大学大阪梅田キャンパス1407教室 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

    ■ミニ講義
     (調整中)
    ■研究発表1
     "Comparative experiments on the use of L1 translation
     in learning of incongruent collocations
     - the effectiveness of the word-based translation and
     phrase-based translation"(仮)
     デイヴィス恵美(関西学院大学大学院博士課程後期課程)
    ■研究発表2
     (募集中)

    ご発表・ご紹介いただける方、ご質問等のある方は、事務局の野村までお気軽にご連絡ください。通常の研究発表だけでなく、研究計画、文献レビュー、予備実験の結果、中間報告、学会の発表練習、その他歓迎いたします。
    投稿: 2018/01/25 0:42、ことばの科学会事務局
1 - 1 / 17 件の投稿を表示中 もっと見る »