Home

「ことばの科学会(Japan Society for Speech Sciences)」は、すでに活動を続けておりました「六甲英語学研究会」の一部門として実績を上げた後、 19936月に「ことばの科学研究会」として独立・発足し、200811月に学会組織へ移行しました。 本学会は、ことばの理解・生成・獲得のメカニズムおよびコミュニケーション全般を学際的に扱う領域としての「ことばの科学(Speech Sciences)」の研

究を推進すること、併せてその教育面への応用研究を行うことを目的としています。

新しいお知らせ


  • 2019年度5月度研究例会
    2019年5月19日(日) 13:30〜17:00
    関西学院大学大阪梅田キャンパス1004教室
    https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/
    内容
    ・2019年度総会(会員限定、約30分)
    ・発表2件(★うち1件募集中)

    ことばの科学会の研究例会は、大学院生、若手研究者、新規会員の方も気軽に自分の研究について相談できる、いわば大学院のゼミの延長のような場を提供することを一つの大切な目的としております。このため、通常の研究発表だけでなく、

    ・研究計画発表(実験デザインなどの相談)
    ・中間報告(予備的な結果の報告)
    ・レビュー発表(興味のある分野の先行研究をまとめる。1本でも複数でも可)
    ・発表練習(学会発表などの練習)

    なども歓迎いたします。さらに、

    ・自著の紹介
    ・実践報告(教育方法の実践の報告)

    などを通して、会員の研究活動や教育活動から得られた知見を共有することも推進しております。

    (「研究発表」として業績にカウントすることが適切でない場合は、「発表練習」「レビュー発表」「研究計画発表」などのカテゴリーをご指定いただけます。お気軽にご相談ください。)

    参加者は通常10〜20名とこぢんまりしております。アットホームな雰囲気の中で、通常の学会発表よりも時間をかけて、進行中の研究やこれから始める研究について相談したり、成果を発表して次の研究テーマを探ったりできます。

    2019年3月度例会より、発表内容の要旨を本学会ウェブサイトの「研究例会」のページに掲載しております。発表を検討される際にご参照ください。
    http://www.jsssmjk.org/seminar

    発表申し込みおよびご参加をお待ちしております。

    ことばの科学会事務局
    HP:http://www.jsssmjk.org/
    事務局メールアドレス:kotobanokagaku@gmail.com
    野村 潤

    ご質問、ご意見、ご要望、その他ございましたら事務局(野村)までご連絡ください。

    投稿: 2019/05/06 4:31、ことばの科学会事務局
1 - 1 / 27 件の投稿を表示中 もっと見る »