研究例会


ことばの科学会2018年11月度研究例会

2018/11/07 2:10 に ことばの科学会事務局 が投稿

2018年11月11日(日) 13:30〜17:00
関西学院大学大阪梅田キャンパス1407教室
https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

・ミニ講義
 「英語学と英文学の接点
  − 予備校時代の恩師東田千秋先生に学ぶ言語の広がり」
  大阪市立大学 井狩幸男
・研究発表1
 「日本における中国人家庭の子どもの言語使用状況と
  親の言語意識に関する調査」
  大阪市立大学大学院 崔暁雪
・研究発表2
 「民族言語学から見た英語のdreamの話」
  大阪市立大学 豊田純一

11月度研究例会 発表募集

2018/09/26 17:53 に ことばの科学会事務局 が投稿

先般の豪雨・地震・台風等の被害にあわれた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

さて、急に秋らしくなり、10月21日のオープンフォーラムが近づいてまいりました。皆さんとお目にかかれますことを楽しみにしております。

さらに、
11月度研究例会の研究発表を1件募集いたします。

通常の研究発表だけでなく、研究計画、文献レビュー、予備実験の結果、中間報告、学会の発表練習、その他歓迎いたします。通常の学会発表より時間をかけていただくこともできます。

日時:11月11日 13時半~ 場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス

ご発表・ご紹介いただける方は、10月26日(金)までに、事務局にご連絡ください。

オープンフォーラム2018(第10回年次大会)ことばの科学会(旧ことばの科学研究会)25周年記念大会

2018/08/01 19:08 に ことばの科学会事務局 が投稿   [ 2018/08/28 0:11 に更新しました ]

2018年10月21日 (日) 12:50-17:00(12:30開場)

関西学院大学大阪梅田キャンパス10階1004教室
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/
(参加費:会員無料、非会員2000円)

テーマ:「ことばの科学のあゆみと展望」
講演
    ことばの科学会の足跡とわたし:刊行書籍・雑誌を中心に 
            門田修平(関西学院大学)
シンポジウム
    脳、障がい、発達から見た言語研究ー言語教育への応用可能性を視野にー
        言語運用、コミュニケーション活動、障がいと脳
            田邊宏樹(名古屋大学)
    失語症や発達性読み書き障害から考える⾔語
           ⻄岡有⾹ (⼤阪医科⼤学 LD センター) 
    ⾔語発達と神経⼼理⾔語学 ― 説明的妥当性から⼼理的実在性へ ―
            井狩幸男(⼤阪市⽴⼤学 )

ことばの科学会2018年7月度研究例会

2018/07/02 2:34 に ことばの科学会事務局 が投稿

すでに猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
7月度例会の案内をさせていただきます。ぜひおでかけください。

2018年7月15日(日) 13:30〜17:00
関西学院大学大阪梅田キャンパス1407教室
https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/
■ミニ講義はお休みします。
■研究発表1
Teaching IPA to Chinese EFL Junior High School Students:
 Its Effects on Their Pronunciation
  王蕊(関西大学 大学院 博士前期課程)
  山崎千英子(関西大学 大学院 博士前期課程)
  上野舞斗(関西大学 大学院 博士後期課程)
  山根繁(関西大学)
■研究発表2
The Effects of Reading-Aloud Practice on Listening and
 Pronunciation Abilities of Japanese EFL Learners:
 Focusing on Connected Speech Features
  山崎千英子(関西大学 大学院 博士前期課程)
  王蕊(関西大学 大学院 博士前期課程)
  上野舞斗(関西大学 大学院 博士後期課程)
  山根繁(関西大学)

5月度研究例会プログラム

2018/05/08 7:08 に ことばの科学会事務局 が投稿

2018年5月13日(日)13:30〜17:00
関西学院大学大阪梅田キャンパス1402教室
https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

13:30〜
■2018年度総会(会員限定)

14:00〜
■研究発表①「『文字と音の関係』と『音声の知覚・音韻の認識』
 について(仮題)」
 長井克己(香川大学)
■研究発表②「言語習得における気づきを巡って
 -神経心理言語学の観点から-」
 井狩幸男(大阪市立大学)

5月度研究例会 (2018年度総会) 発表募集中

2018/04/19 5:56 に ことばの科学会事務局 が投稿

下記のとおり、総会と研究例会を開催します。研究発表募集します。

2018年5月13日(日)13:30〜17:00
関西学院大学大阪梅田キャンパス1402教室
https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

・13:30より2018年度総会(会員限定)
・14:00より研究発表(2件)

以上

2018年3月度研究例会のご案内-最新プログラム-

2018/01/25 0:42 に ことばの科学会事務局 が投稿   [ 2018/03/09 7:18 に更新しました ]

2018年3月18日(日)13:30〜17:00
関西学院大学大阪梅田キャンパス1407教室 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

■ミニ講義
 タイトル未定
 中西弘 (東北学院大学)
■研究発表1
 "Comparative experiments on the use of L1 translation
 in learning of incongruent collocations
 - the effectiveness of the word-based translation and
 phrase-based translation"(仮)
 デイヴィス恵美(関西学院大学大学院博士課程後期課程)
■研究発表2
「高校におけるフォニックス指導の実証的研究~生徒はフォニックスで英単語を正しく発音して書けるようになるのか~」
 梶谷和司(京都外国語大学大学院前期博士課程/京都府立久御山高等学校)


1月度研究例会 プログラム

2018/01/11 15:07 に ことばの科学会事務局 が投稿

2018年1月21日(日)、13:30〜17:00
関西学院大学大阪梅田キャンパス1407教室
https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

■ミニ講義
「フリーソフトウェアによる聴覚実験
 ー グーグルフォームや praatによる実験の長所と短所 ー」
 長井克己(香川大学)
■研究発表1
「メタファーの多様性と文化的要因:
 知覚動詞から認知を例として
 (Cultural influence on diversity of metaphor:
 a case of perception to cognition)」
 豊田純一(大阪市立大学)
■研究発表2
「L1の過程と表象がL2の知覚に及ぼす影響
 ー日本語話者による母音挿入の場合ー」
 野村 潤(京都女子大学)
 石川圭一(関西学院大学)

皆様のお越しをお待ちしております。

1月度研究例会 発表募集中

2017/12/02 1:24 に ことばの科学会事務局 が投稿

1月度研究例会の発表者を2名、募集いたします。

日程は下記のとおりです。

2018年1月21日(日)、13:30〜17:00
関西学院大学大阪梅田キャンパス1407教室
https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

通常の研究発表だけでなく、
    ☆研究計画
    ☆文献レビュー
    ☆予備実験の結果
    ☆中間報告
    ☆学会の発表練習
    ☆その他、歓迎いたします。

ご発表・ご紹介いただける方、ご質問等のある方は、事務局の野村までお気軽にご連絡ください。
kotobanokagaku[@]gmail.com

11月度研究例会 プログラム

2017/11/16 0:13 に ことばの科学会事務局 が投稿   [ 2017/11/24 22:18 に更新しました ]

11月度研究例会のプログラムが決まりました。お天気が良ければ、紅葉狩りに出かけたい時期ですが、万障繰り合わせの上、ご参加ください。

11月26日 13:30~17:00  関西学院大学 大阪梅田キャンパス1407教室

ミニ講義:「ハワイの言語事情」野村潤(京都女子大学)
研究発表①: 「中母語話者の英語リーディングにおける黙読と音読の気づきの相違」
 楊欽雯 (大阪市立大学大学院文学研究科)
研究発表②: 「音声知覚における定形連鎖の処理効率性に関する考察」
 磯辺ゆかり(京都精華大学)

次回:1月研究例会予定1月21日研究発表2件を募集します。

1-10 of 23